2017年04月29日

お金持ちになりたい

先日入った居酒屋でテレビを観ていると、『ジョブチューン』の大物司会者特集で小倉智昭、草野仁、徳光和夫、ヒロミ、恵俊彰など動物性脂肪の塊のような面子がひな壇に集められ"暴露トーク"に花を咲かせており、1本あたりのギャラがいくらいくら云々、スタジオ感嘆、茶々を入れるネプチューンやバナナマンといったお笑いの人たちも思う存分にお金持ち、と、楽しみ方の一切わからない映像を見せられテレビの置いてある側の左目だけを固く閉じてしまった。「テレビは"オワコン"」などと喚いている連中然り茂木健一郎然り、ひとつの媒体をまるごと括って断定的評価を下す人間はろくでもないしどうせ毎日頭を洗っていないような者共とも思うが、お金持ちが制作に携わっておりお金持ちがカメラの前で騒いでいる様を貴重な土曜日の夜に割いているのか、一体自分は何を観させられているのか、と途方に暮れてしまい、テレビが何も面白くなくなってしまった。もはやNHKのBSで明け方にやっている「マチュピチュの空撮」や「オトシブミのかしこい子育て」といったような、なるべく人為の関わっていないハイビジョン映像を好むようになった。高校を出るまでは毎日死ぬまでテレビしか観ていなかったのでトントンなのかもしれないが、実際に稼いだお金で生活をしなければならない立場になってから「お金持ちがお金たくさんもらっているね」と苦虫を噛み潰すようになるというのは辛い。よくJUNKやオールナイトといった深夜ラジオを聴いていたけれど、よくよく考えればCM差し引いても1時間40分もの間お金持ちが喋っているのだし、ハガキ職人のTwitterはつまらないのにフォロワー数だけ多いしチヤホヤされて羨ましいし増長するしでこれもまた苦虫案件だ。



本屋に行けばもちろんのこと目に留まる本の作者はお金持ちで、インターネットでフォロワー数何十万人超え、を謳う、ハードカバーの1ページ1ページにちんちんの先をなすりつけているかのような書籍が平積みにされている。インターネットで幅広にウケてお金が入ってくれば嬉しいぜ、というよこしまな怠け者根性もあったが、インターネットで幅広にウケてお金をもらっている人は金玉の腐ったような者しかおらず、流石にそこまで精神が落ちぶれたくないしそもそもウケないしでうっちゃってしまったが、お金はやはり欲しい。あればあるほどいいものと思う。



ブルーハーツもお金持ちだし、格好がいいので女の子にもモテただろう。そんな些細な理由で、大人になってからブルーハーツが聴けぬようになってしまうとは、「年下がうるさいよ」と感ずるようになってしまうとは。



--



彼女が、職場の60手前、「己はまだ通用するだろう」とギンガムチェックのシャツを着、べっ甲で縁の太いメガネを掛けた薄髭の、嫁も子どももある爺から誘われ、仕事終わりの晩食事に行く途中の帰り道に偶然出くわした。2人はよく会話を交わす仲で、業務中、給湯室で洗い物をする彼女と10分ばかり何やら話し込んでいる姿を見て働かんか爺と些か腹が立ってはいたのだけれども流石に飯はお前、おい、60で自分のこといけると勘違いしていいのは高田純次だけだぞ、ましてや私が交際している女性なのだ、と頭にきてしまい、晩の夜に彼女に問いただしてしまった。相手が60手前とはいえ、武田弘光のエロ漫画などの読み過ぎで地下鉄の窓に映っている己の佇まいが、私立高校の理事長に寝取られた彼女の、ハートの形の穴が空いた下着を履かせられてダブルピースをしている映像を見せられ呆然としながら勃起せざるを得ない冴えない眼鏡に思えられて居ても立ってもいられなくなった。


彼女には「いや、60やで???」と窘められ、翌日「かっとなり、すみません」と2時間電話で謝ったが、もし己に金銭的余裕があったならこのような失態も犯す恐れはないだろう。南海トラフも北朝鮮のミサイルもだいぶ怖いが、お金があれば頑丈な壁を築けるのでかなり大丈夫だ。一生懸命働いてお金を稼がなければ。何も後ろめたいところはない。「やるしかないから、やるしかない」と、駅のマイナビの広告でお金持ちの有吉弘行が腕を組んでいたのを思い出した。
posted by しきぬ ふみょへ at 22:09| 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする