2016年09月22日

『アメリカン・ビューティー』の感想

アメリカン・ビューティー (字幕版) -
アメリカン・ビューティー (字幕版) -



どうしてもケビン・スペイシーの立場で見てしまう。ケビン・スペイシー、それ判るな〜、と鑑にしてしまうと日常を幸せに送れるわけがない。生活をかなぐり捨てて、子供の頃に憧れてた古い型のクルマ買って、ヒステリーの嫁論破して、己の娘の友だちに惚れて抱こうとしてだらしない肉体を鍛え直す。話が進んでいくにつれて「俺は俺の為に生きていくことにしました。文句は言わせません。宜しくお願いします」という割り切り、開き直り、 諦念が表情や振る舞いに徐々に滲み出ていく。どうせお前ら=周りの連中だって、影でこそこそ好き放題鬱憤を発散してるくせに、それだったら俺だって今まで抑圧されてた分吐き出してやるからな。つべこべ構うんじゃねえわ。と。


「映画」として超越して向こう岸から第3者視点で観ると、「こいつ気持ち悪いな」「いやいやいや流石に?流石にそれは?」と常識人目線で、そんなん無いって、と終わらせることも出来る。けれどもいざ、態度として誰かに移入するとなると、どの登場人物にも「思い当たる節」がある。


ケビン・スペイシーの隣の家に住んでいる元海軍の親父。手塩に育てた息子がお薬の売人になり、ケビン・スペイシーの娘と出来る。
角刈りで妙に目がつぶらでおっかないから「敵」のおじさんか?意味わかんないジジイか?と思いがちだけれども、男まみれの社会で"育成"されてしまったことによる不可避な性的矯正と、軍の戒律や誇りを重んじてきた自己矛盾の摩擦が発火してああなったんじゃないか、とすると、「家庭」という枠組みが具合が悪くて仕方がなかったのかもしれない。あの人は。奥さんガナガナしてて、ガナガナしてるというのは地元の方言で筋張って痩せちゃって大変だねという意味なんですが、絵に描くような家庭的のふくよかな幸せから程遠い。


どこかで「折れる」ことがどうしてもできない連中が、沸々と「こうなればいいのに、こうなるべきなのに」という環境こもごもの理想を腹の中で溜めて、溜めて溜めて爆発して終わる。アメリカの現代社会を鋭くえぐり取っている、のだろうか。


ケビン・スペイシーが、セックスしたくてしたくて、したいがあまり、本番用に肉体を仕上げていた、自分の娘の友人のバカエロい女の子を脱がせにかかった。 が、本番の刹那に「実は、初めてなの」と告白された瞬間の、「えっ???処女なの???」と、単なるいちペニスおじさんから、守るべき所帯を持つ凡な初老、に戻る時の表情。巧すぎる。一瞬で「朗らかな中年男性」に変わって、毛布をかける。


所々カットの挟まる、薔薇の花というモチーフになぞらえて、これが「アメリカン・ビューティー」ですね、すなわちアメリカ合衆国暗黒、の上っ面の「美」「理想」「象徴」を皮肉ってございますねという町山智浩的な側面もあるらしい。という考察はとりあえずうるさいので、面白いので是非と思います。角刈りで顔が濃い奴はヤバいという偏見は正しいのかもわからない。
posted by しきぬ ふみょへ at 23:54| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする