2016年10月16日

女に金玉を握られている

■10/15、最近話題に上げることの多い『会社の関根麻里』と遊びに行った。中崎町、という、東京に住んでいる人間に説明する場合は「下北みたいな場所」といえば集まる層や店構えなんか想像がつきやすいかもしれない。町並みこそ違うけれども「古民家を改装」したようなカフェやハンドメイドの雑貨屋なんかが並んでいる。猫も杓子も最近古民家を改装しすぎじゃないか?俺も古民家を改装して何か始めたい。桃鉄をこたつで出来る店をフリープレイ1,000円からで開きます。totoBIGが当たった暁には。よろしくお願いします。


■雑貨屋でも服屋でも百貨店の化粧品売り場でもなんでも、女の付き添いで野郎が普段はまあ敷居をまたぐことのないような店に入ってこれがいいんじゃない?あれはどう?などと場をつなぐためだけに適当なアイテムを手にとって見せて「それも可愛いですね!」なんてやり取りをしている時に、己がまぬけでまぬけでどうしようもなくなり店から走り去りたくなる。可愛いとか感じるんですよ。ステキやん、みたいなものは持ち合わせているんですよ。それでも、この店にそぐわない、そぐってないんだろうな、とムズムズしてしまって背中がイーとなる。おしゃれ伊達メガネコーナーの回転スタンドから、レンズフレームがハート型になっている銀縁を選んで「これかけてみてくださいよ笑」あるいは「これかけてみてよ笑」的な平和一辺倒の疎通をやっている時に、ワイプでもう1人の俺が「うわ!女に気に入られようという試み!」と手を叩いてソファから転げ落ちている。


■宝塚の誰それさんが、とか、芦屋のなんとかさんが作ったんですという注釈のプレートがあるような雑貨屋で、関根麻里はホオズキをあしらったイヤリングを買うか買うまいかと逡巡していた。1,900円。欲しいものを買うんだったら即決せい、というような値段設定で、横で眺めながらどうするんだ、と待っていたんだけれども結局購入せず、店を出た。俺がもし「おう、買(こ)うたろけ?」と歯茎と下心を剥き出しで気を利かせようとしようものならそんなものはキャバクラ嬢と同伴中の禿頭と変わらない俗野郎になってしまうので黙って眺めていた。付き合っていたらこの時間さえも愛おしく覚えられるのかもわからないが、ただただ関根麻里の付き添いである以上は、「なに?この時間?」と懐疑をやってしまわざるを得なかった。5,6件似たような古民家を改装した雑貨屋を巡っている。全然いいんす。全然いいんすけどね。何がいいんだかわかんねーと叫ぶ口の臭いジジイにだけはなりたくないので、「嫌」とか「女ってやつは理解できんのやぜ」とナタを振り回しているわけではない。後ろを付いてってショーケースの前で白目を向いている自分が愚かだという話。


■夜は東梅田で、美味しいのにあんまり流行っていない居酒屋があって、こういう店を抑えておけば好印象だろう、という和メインのところに、前日にきちんと予約をしており、のれんをくぐった。四方竹の天ぷらっていう、大分だかで今しか穫れないから食っていってくださいよ、という大将のレコメンドがあってそれがサックサクでサックサクでたいそう旨く、カープがCS勝ちましたね、広島の酒サービスしまっせなどと賀茂金秀を飲んだ。関根麻里はアルコールが飲まれないので、俺ばかりが今回に限らず毎回酔っ払うのだけれどもずるいと思う。うめーうめーと啜っていたら、「しきぬさん、美味しそうに飲んでるから気になっちゃって。ちょっと貰ってもいいですか?」なんて枡から2なめくらいされた。


■こんなんされたら「アラ、いいですね〜〜」と勘違いをするに決まっているだろうよ。しかしこういう魔性の振る舞いを自然と、オーガニックにやってしまうのがオンナという生き物なのだと、いくら肝に銘じていたとしても当座では酔っ払っているので判断するのにえらく苦慮する。2件目の土間土間で、「すいませんがお付き合いの旨、ご了承いただいて宜しいでしょうか?」と喉まで出かかったが、職場の斜め前の席で働いている新入社員の人生を俺のようなせむし男が左右するような真似はおこがましいにもほどがあり、何もなくその場を解散した。


■寒くなってきたから温泉にでも行きたいねえ、という会話のバースを翌日思い出し、そしたら今度城崎温泉にでも日帰りで行ってみようか?大阪駅から片道特急で2時間半だから朝早くなっちゃうけども、とジャブを打ってみたら、「じゃあ会社の人も誘ってみます〜?(*^o^*)」というレスポンスだった。関根麻里にとって俺が、「休日ひまひま都合つきおじさん」という扱いだったとして、どうせ空いているだろうから1人じゃ行きづらいカフェーや雑貨屋に付き合わせるのに具合が良いとという理由で遊んでいるのだとしたら、「2人きりで遠出なんて勘違いをするんじゃないぞ、会社の人という防護膜を、ディフェンスを張るけれどもそれでもいいなら誘われるんでも無いではないが、私に行為を持っているのであればそこまで広い心を携えているわけじゃないだろう、所詮」という穿った、穿りに穿った見方も出来なくはない。一緒に過ごしていて関根麻里が斯様にも悪魔的な考えをしているとしたら恐ろしいにも程があるが、俺に好意を、ラブ・サイケデリコを抱いてくれているのだとしたらバリケードなんか張らないだろう。というか何故俺だけが悶々としなければならないんだ。不公平だ。


■女性から振られたことは多くあるけれども、こちらから関係を断った経験はない。いつも「金玉」を女性に預けている。いつでも気に食わなければちぎりとって殺してくれと。何らかの決定的な粗相の際にまるでびわの身をもぎりとるが如く俺の金玉を持っていかれて犬猫に与えられている。生かすも殺すも、命の生殺与奪の権利を握られていて、なんでこっちばかりがいつも考えて考えて裏目に出るような行動をして笑われなくてはならないんだ、というコンプレックスが過剰にある。金玉を握られたくない。ナチュラルに手と手を取り合い、わたせせいぞうのような恋愛を目指している。170cmないのに。頭をかきむしるのを止めたい。


【コラ!のコーナー】


■『小説BOC』という中央公論から出ている文芸誌で、「アーノルズはせがわ」というtwitterで24万人のフォロワーをひっさげているインターネットの人気ものが「読まずに描く名作マンガ」というコーナーを承っていて、第1回は谷崎潤一郎の『細雪』、第2回は川端康成の『伊豆の踊子』を、「作品を読んでいない立場から、内容を類推しておもしろおかしくウケるように仕立て上げ、1ページ漫画にしました」という連載を受け持っている。


■アーノルズはせがわ、という人を批判する上で、「いや、つまんね〜〜」という評価軸に置く時に、面白いかつまらないかはそれはそれで人それぞれだろうが、ウケていればジャスティスだ、と言われてしまえば「ぐぅ…」となってしまうから大手を振って釘を刺しづらいんだけれども、新書を読む時に一番好きなのが中公新書だった。だから小説BOCの出版社が「つまらないけれども名前だけなぜか売れている人」を客寄せのパンダ方式で組み込んでいるんだ、と思うとショックだった。しかも、「読まずに描く」って、インスタントに寄り添っていますよね。文芸誌を買うような人間が一番忌み嫌うものだろ。なんで寄り添うんだよそっちに。出版社の公式広報アカウントがつまらないと落ち込む(平凡社ライブラリーのアカウントが「ゲイ短編小説集」をさも腐女子と呼ばれる層にほおずりするようなツイッターをしていた時にたまらなく嫌だった)。


■『細雪』は上中下とそれこそ中公文庫で別れているから読むのに時間もかかるし覚悟がいる。ばかみたいに「読んでないけど語ってみたった笑」ユーモアが成り立つのはまあそれとして、伊豆の踊子は全然長くないし、さっさと読んだらお終いだろ、「小難しく、大昔文章を書いている人を戯曲化したった笑」的な笑いでお金をせしめている連中が存在していることが腑に落ちない。それは文芸誌で決してやってはいけない。やってほしくない。


■岩波文庫の青でも緑でも、「評価が定まった」作品しか文庫化されない。だから一介の愚ザラリーマン(千原兄弟の「矢ザラリーマン」に影響を受けている)がどうこういう筋合いは無いけれども、今ウケている、ひたすらつまらないアーノルズはせがわの1ページ漫画は彼が死んだあとでボロクソ言われるとしても、存命中ちやほやされればそれでOKだから悔しくてたまらない。お金ももらえているからね。


■「アーノルズはせがわ」がウケて経済が産まれている現状。


■このまま関根麻里とうまく行かなかったとしたならば、クリスマスイブ、飛田新地で25,000円なりでエッチをしたろうかと考えている。今年の12月24日は三連休の中日だ。GOGO!!か?糞がよ。
posted by しきぬ ふみょへ at 23:14| 文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする